映画007シリーズの21作目カジノ・ロワイヤルって?

世界中で人気を集める007シリーズですが、『007カジノ・ロワイヤル』は、イアン・フレミングによる原作小説シリーズの第1作目であり、2006年に映画化されました。
映画化された同シリーズの作品としては21作目で、1967年に公開された同タイトルの作品はパロディ作品として知られていますが、今作は原作に忠実なストーリー構成となっています。
このシリーズ自体は、小説を原作としていますが映画オリジナル脚本を加えて、一連のシリーズとして展開しています。
時代の流れに合わせた変化を設定やストーリーに取り入れながら、主人公のボンドを演じる俳優も交代しながら、続編が公開されています。
『007カジノ・ロワイヤル』からは、原作に忠実でありながらも、これまでの一連の映画シリーズを仕切り直す作品として、新しい設定が採用されています。
しかし、これまでのシリーズファンも楽しめる構成になっています。
様々な方面から注目を集める、シリーズの今後の展開にも注目です。