NISAのデメリットってなに?

NISAは節税できるといった良いイメージがありますが、もちろん欠点となる部分も存在します。
まずNISAは2014年から2023年までの10年間しか続かない制度となっています。
そのため10年目の最後の年には、売却していない銘柄を新たな一般口座や特定口座に移し替える面倒が出てきます。
また移し替えた口座の銘柄がその後値上がりして利益が発生した場合、当然ながらその利益に対して税金が課せられます。
よってNISAの恩恵を受けられるのはあくまで2023年までという事になります。
そして最も押さえておきたい点が損益通算ができないという事です。
この点は普段から株式やFXをされている方は特に間違えやすいので、覚えておく必要があります。
こうした欠点を知った上でNISAを活用していく事が大切です。
NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】